CDプレーヤーのコーナー
PART6
CDプレーヤーは比較的新しいコンポーネントです。
といっても1982年に初めて商品化され,すでに
その歴史も40年近くになります。CDプレーヤーが
登場したときのあの大騒動もずいぶん昔のことに
なってしまいました。技術の進歩の早い分野ですが
印象に残る名機・銘機も数多くあるように思います。
掲載機種が多くなったので6ページ目に入ります。





SONY CDP-502ES

1984年に,ソニーが発売したCDプレーヤー。1982年の
CD元年,ソニーは,1号機CDP-101を発売しCD時代を
スタートさせました。翌年の1983年にCDP-101をベース
にした第2世代機として,CDP-701ES,CDP-501ES等
を発売しました。そして,第3世代機としてメカニズム等を一
新した新しいシリーズが発売され,そのリファレンスともいえ
るモデルがCDP-502ESでした。


MICRO CD-M2000X

1992年に,マイクロが発売したCDプレーヤー。マイクロは
マイクロ精機の社名の通り,すぐれた精密金属加工技術を
生かしてアナログプレーヤーの分野ですぐれた製品を多く発
売し,高い評価を得ていました。CD時代に入り,重量級アナ
ログプレーヤーに力を注いでいましたが,そんな中,1987年
に,CDプレーヤーCD-M2を発売し独特の存在感を放って
いました。その翌年,CD-M100を発売し,大きくデザイン
イメージを変えで発売された同社最後のCDプレーヤーが
CD-M2000Xでした。


YAMAHA CDX-993

1998年に,ヤマハが発売したCDプレーヤー。ヤマハは,
1982年のCD黎明期からすぐれたCDプレーヤーを自社
開発して送り出し,マルチビット方式のD/Aコンバーターの
時代にも,ハイビット化,ハイサンプリング化の動きの中で
トップグループを走っていました。そして,1990年代には
1ビット方式へのシフトを進め,超弩級機として,GT-CD1
GT-CD2を発売しましたが,それ以降は,比較的手頃な
価格のモデルが中心になっていきました。そうした中,中級
機ながら当時の同社のフラッグシップモデルとして発売され
たのがCDX-993でした。


SONY CDP-X77ES

1989年に,ソニーが発売したCDプレーヤー。ソニーが主力
モデルとして展開していた「ESシリーズ」の中で,ソニーの伝
統で,7あるいは77,777の型番を持つ機種が最上級機とし
て存在していました。このCDP-77ESの世代から,1ビット系
のD/Aコンバーターへと移行していくこととなりました。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの
抜粋で,その版権・著作権等は,各オーディオメーカー
にあります。したがって,これらの写真を無断で転載等
することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意
ください。
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や
印象のある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system